資産運用の前に…

  • 資産運用をする前に、知っておきたい資産運用の基礎知識を解説します。税金についてしりたい方はココ

保険の失効

  • 保険の失効とは、保険料払込の猶予期間が過ぎても保険料の払込がない場合に、保険契約の効力がなくなることをいいます。

割引国債

  • 割引国債とは、額面金額より利息相当額があらかじめ割り引きかれた価格で発行される国債のことをいいます。
割引金融債
割引金融債とは、利息相当額をあらかじめ差し引いて発行する金融機関発行の債券のことをいいます。
割引金融債の例として、みずほ銀行のワリコー、商工中金のワリショーなどがあります。
ワイド
ワイドとは、債券発行銀行が発行する利付債券のをいいます。
ワイドは、年2回支払われる利息についてその利付金融債の利率で複利運用する半年複利の商品のことです。

利付金融債

  • 利付金融債とは、債券発行銀行が発行する利付債券のをいいます。 利付金融債は、年2回利払いが行われ、満期時に額面金額で償還されます。
  • 利付金融債は、購入後1年間は解約することができず、1年経過後の中途解約についても解約手数料がかかる点に注意が必要です。

流動性商品

流動性商品とは、安全確実で換金性に優れた商品のことをいいます。
流動性商品の例としては、普通預金、普通貯金、貯蓄預金、ヒット、MMFなどがあります。

リスク許容度

  • リスク許容度とは、どれだけ投資によるリスクに耐えられるかというその度合いのことをいいます。

利殖性資金

  • 利殖性資金とは、当面使うことのない余裕資金のことをいいます。 リスクをおかしても家計に影響を与えることが無く、高収益を狙いたい資金のです。

無担保コール翌日物金利

無担保コール翌日物金利とは、インターバンク市場の中核になるものです。 無担保コール翌日物金利は、無担保で、その日借りて翌日返す資金の取引の金利のことです。

ミリオン

ミリオンとは、給与天引きで株式投資信託を買い付けていく投資型積立商品のことをいます。

満期一括課税

満期一括課税とは、ビッグやワイドのような満期一括受取型商品に対して、満期時や解約時に確定した利息に対して1回だけ課される源泉分離課税のことをいいます。

満期一括受け取り商品

満期一括受取型商品とは、利払い型商品に対して、満期時もしくは解約時に元本と一緒に利息が支払われる商品のことをいいます。

満期一括受取型商品の例としては、ビッグ、ワイド、定額貯金、期日指定型定期預金などがあります。

変動金利定期預金

変動金利定期預金とは、6ヶ月ごとに金利を見直す変動金利型の定期預金のことをいいます。

変動金利定期預金の金利は、預入金額に応じてスーパー定期などの金利を基準とし、さらにこれに預入期間に応じて一定の金利が上乗せされて決定されます。

ただ、預入後に変動するのは半年後との見直し金利だけであり、上乗せ金利は変動しない点に注意です。

分割管理

分別管理とは、証券会社が顧客から預託を受けた有価証券、金銭などを証券会社の固有財産とは分別して保管することです。分別管理は、証券取引法によって証券会社に義務づけられています。

分散投資

分散投資とは、投資資金は複数の金融商品に分けて投資することをいいます。分散投資によって、リスクを抑えた上で最大限の収益を確保することができます。

日経500種平均株

  • 日経500種平均株価とは、日経平均株価225種の欠点(現実の株価水準とはかけ離れている点など)を補うために、500銘柄を対象とした修正平均株価です。
  • 日経500種平均株価は、前年までの3年間について出来高・売買代金・時価総額を基準にして、毎年4月に対象銘柄の入れ替えをしています。

日経株指数300

日経株価指数300とは、東証第1部に上場している主要300銘柄について、その上場株式数でウエイトをつけた一種の時価総額指数(加重平均株価)のことをいいます。

日経株価指数300は、1982年10月1日の時価総額を100として、その日の時価総額がどれだけになっているかについて示しています。

東証株価指数(TOPIX)

東証株価指数(TOPIX)とは、東京証券取引所に上場されている全銘柄について上場株式数でウェイトをつけた時価総額指数(加重平均株価)のことです。

ココで注意して貰いたいのが資産運用をするのに借金をして行わないようにすることです。多額のお金を課してくれるところには違法な過払い請求をしてくる業者も多々あります。