資産運用法

お金を増やすには

お金を増やす方法としてだれもが思いつくのは、収入を増やす事です。

社内でキャリア・実績を積んで昇格したり、給料の高い業界や企業に転職したり、副業を持ったりすることで、収入を増やすことができます。

しかし、年功序列を採用する企業が減りつつある昨今、給料がいつまでも上がり続けるとは限らないし、転職や副業を自由にできる人ばかりではないので、すぐには実践しづらい方法なのです。

次に考えるとするなら、節約に励ん支出を抑える方法です。お金を効果的に貯めるには、節約は欠かせないが、節約するだけでは収入が増えるわけではないので、限界があります。

そう考えると、資産運用を行うことでで大きな収入をねらっていくという方法を積極的に検討したいです。

資産運用にはいろいろな方法があり、運用対象先もまざまです。たとえば、金融商品を利用する場合、預貯金から株式、投資信託、外貨預金、保険まで、多種多様な資産運用があります。金融商品以外でも、マイホームや投資用マンションなどの不動産や、金やプラチナなどの貴金属に投資する方法もあります。たまに、投資家をだまそうとしている人がいますので、気を付けて下さい。現金化 違法で行っている業者もいますので気を付けて下さい。


金融商品には、それぞれ一長一短があって利用者のすべてのニーズを満たす完璧な商品はないです。また、インフレやデフレといったように経済事情が変化することで、有利になったり不利になったりもします。商品の種類も多いために迷いがちですが、選択するものが多いということはそれだけ可能性が広がるということでもあります。

必ず、あなたにあった商品にめぐり合えるでしょう。そして高いリターンを目指して頑張りましょう

お金を増やすための資産運用方法

昔とは違い、いまや規制緩和も進み、多種多様な金融商品が市場をにぎわせています。単に商品の種類が増えただけではなく、最近ではネット証券の台頭や、銀行での投資信託・保険・株式の新規取扱いが進み、現在では各種金融商品がますます身近なものとなりつつありますクレジットカード現金化も近いうちに身近な投資手段となる日がくるかもしれません。


どんな商品を選べばよいのか、下記のお金を増やすために活用できるおもな商品ジャンルをみて、じっくり検討してください。

預貯金

銀行や信用金庫・信用組合が取り扱うのが「預金」、郵便局や農業共同組合(JA)が取り扱うのが「貯金。」両者に違いはない。出し入れが自由な「流動性預貯金」と、預入期間が定められている「定期性預貯金」の2種類に分けられています。

公社債

簡単にいうと、国や地方自治体、会社などの「借用証書」のことです。お金を貸した対価として、返済期日までの期間中は一定の利息を受け取ることができます。

株式

株式投資では、値上がり益(キャピタルゲイン)や配当(インカムゲイン)のほかに、自社製品やサービスなどを提供してもらえる「株主優待」などのメリットも受けられます。現在では、少ない資産でも投資できる「ミニ株投資」という方法もあります。

投資信託

多くの投資家から資金を集め、これを1つのファンド(基金)にして、株式や債券などに分散投資。そこから得られた収益を投資家に還元する。投資信託には、株式を組み込まず、公社債を中心に運用する「公社債投資信託」、株式も運用対象にする「株式投資信託」などがあります

保険

亡くなったり、病気やケガをしたりと、人生にふりかかる万一のときの経済的リスクに備えられる商品です。

不動産

地価がようやく下げ止まり、一部の地域では上昇に転じたいま、不動産投資に注目が集まっています。最近では、少額から不動産に投資できる「不動産投資信託」(REIT)も登場しています。

 

このように、いろいろな商品があります。それぞれの特性を上手に生かしたマネープラン・資産運用が必要になってきます。 積極的な資産運用を心がけましょう。