インフレ対策

インフレとは?

インフレーション(inflation)は英語で「膨張」の意味で、物価が持続的に上昇する経済的な現象のことで、一般的にはインフレと呼ばれている。モノの値段が上がり続け、通貨の価値が低くなることです。現金化 口コミで見たのですが、この世界でも似たような事があるようです。やはりお金が絡む事はしっかりと知識を付けていないといけませんね。

・好況でサービスに対する需要が増加し、供給を上回ることにより発生する、物は欲しいのに、供給が追いつかずに価格が上昇していく状態。
・不況下に物価が上昇を続ける場合は、スタグフレーションと呼ばれる。

例えば、一本120円で買えていた缶コーヒーが一本1,200円になってしまうような状態、お給料が同じ金額のままだと、収入が10分の1になったことになります。急激に物価が変動する場合はハイパーインフレと呼ばれます。

投資とインフレの関係

現金1万円をただ持っていても、何ら収益を生み出しません。日常の消費行動によりその額を減らしていくだけです。その現金1万円を何らかの収益を生み出す形に換えること、それを投資(行為)といいます。なぜ投資が必要なのでしょう?その理由の一つに、「インフレに備えるため」ということが挙げられます。私たちが生活している資本主義経済の下では、全ての人が少しでも良い生活をしたいと考えます。その結果、経済は成長・拡大していきます。そして最終的には物価の上昇につながり、「インフレ」となります。ある程度の「インフレ」は必要と言われていますが、現金で1万円を持ち続けていると、この「インフレ」によって今まで1万円で買えたものが買えなくなってしまいます。そうなってしまったらクレジット現金化を利用して現金を調達しなくては買い物ができなくなります。

インフレに強い資産

インフレ時には貯蓄だけでは資産が目減りすることになってしまいますので、インフレに強いとされるものを資産に組み入れることを考える必要があるといえます。

一般的にインフレに強いとされているのは不動産や株などの固定資産です。そのほかには、海外通貨での投資(外貨預金、外貨MMF、外国債券)や、変額保険、個人向け国債、金などがあります。

これらの商品に複数投資することによりインフレだけではなく、様々なリスクを少なくしていきます。

対応型国債&ファンド

インフレや金利上昇などのリスクに備える商品としては、変動利付国債や物価連動国債があります。
変動利付国債は、利払い時における10年国債の金利を基準金利とし、その基準金利から国債発行時に定められたスプレッドを差し引いた金利が支払われる国債です。

※スプレッド:通貨の買と売りの差額

物価連動国債は、全国消費者物価指数(生鮮食品を除く総合指数)に連動して想定元金額(元本)が増減する国債です。これらの国債が登場したことで、投資信託でもインフレ対応型ファンドの設定が始まったのです。

インフレ対応・分散投資

さまざまな地域や投資対象に資産を分散して、価格変動などのリスクを低減する「分散投資」は、資産運用の基本といえます。
世界の先進国の債券に実質的に投資できるファンドは債券の分散投資商品といえます。