新着ページ

現金化をするには

資産運用とは?

 資産運用とは、自己の資産を貯蓄・投資して、効率良く資産を増やしていくことを言います。貯蓄と投資という2大サービスをうまく使い、資産を増やすことで快適なセカンドライフ(引退後の人生)を送ることが優雅なシニアライフを送るために必要です。

現在では団塊の世代が引退した際の資産運用が大きな問題として取り扱われてます。企業側も団塊の世代が引退することを意識し、多くの資産運用サービスを新たに展開しています。資産運用サービスだけでなく、カードローンでもこのような動きが活発化しています。カードで商品を購入すれば現金化 してくれるキャッシュバックサービスも誕生しているほどです。こうしたクレジットカード現金化多くのサービスが企業側から提供されている中で、自分に合った資産運用サービスをうまく活用し、資産運用を行っていくことが重要なのです。

初めての資産運用

 初めて資産運用をされる方の資産運用については、貯蓄を行っていただくのが良いと思います。

投資にはある程度の知識が必要になるため、まず貯蓄を行い、その間に投資に関する知識をつけていただくのが良いと思います。何も知らないままで投資を行い、資産運用に失敗。などという方が多くいます。

資産運用するには 勉強しながら徐々に貯蓄の一部を投資へという分散投資型に移行していくことをお勧めします。

資産運用の定義

 資産運用には貯蓄と投資の2種類があります。それぞれに特徴がありますので、まずはこの2つの資産運用方法を確認しましょう。

 
貯蓄の特徴

・銀行や郵便局にお金を預けることをいいます。

・預金保険対象となる場合のみ元本保証です。

・商品を選択した時点で運用の成果がほぼ決まります。

投資の特徴

・投資信託、株式、商品ファンドなどリスクを伴う商品にお金を預けることをいいます。

・元本が必ずしも保証されるとは限りません。

・分散投資と長期投資が基本的な方法です。

・運用成果には自己責任が問われます。

・貯蓄と違い、資産を増やす事に重点がおかれます 資産運用はこの2つの方法を組み合わせて、次の事を目指します。

資産の保全

資産の実質価値をインフレから守り、実質購買率を維持する。

資産の拡大

 資産を効率良く増やし、資産全体の価値を高める 資産運用をする際には、自分の資産は自分で守るという事や、リスクとリターンを認識する事などの自己責任が必要となります。

その上で財産状況を的確に把握し、運用スタイルを確立する事が重要です。さらに、金融知識や相場観を身に付ける事でより運用能力がUPします。

recommend

神保町 美容室

青山の人気美容室

厳選された中古トラック、中古建機、中古車、中古農機販売の自動車専門ショップ、美島自動車です。

安心のチャイルドシート